2013年11月29日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第150回「姫沼の木道をゆく」

 


木道をゆく

姫沼のまわりには、沼をぐるっと囲む形で木道が整備されています。


そして、重要な注意事項が……


「木道の幅は 75 cm です」と書いてあるのですが、そんなに狭いようには見えないですね。この先狭くなるということでしょうか。

木道は木立のなかへ

水際まで木が繁茂しているので、必ずしも木道から沼を見ることができるわけでは無いのですが、このように、ところどころでは沼を眺められるようになっています。


また、ビューポイントでは、足を止めてゆっくりと沼を眺めることができるように、木道の幅を拡げていて、転落防止用の柵も用意されています。


この木は落雷にでもあったのでしょうか。


木道は、木立の中に伸びています。



ほっとする空間

お、水鳥の姿が見えますね。鴨でしょうか……?


人に慣れているのか、割と近いところでも平気なようです。


こんな感じの距離感ですね。


どことなくほっとする空間が広がっていました。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク