2013年12月3日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

利尻・礼文の旅 2012/夏 (152) 「オー・ルージュ」

 


オー・ルージュ

利尻島の「姫沼」を周回する木道を散策しています。


木道は、より狭くなっただけではなく、曲がりも急になってきました。


そして、周りの草花は益々生い茂り……。足を踏み外したら危ないかもしれませんね、これ。



謎の白い丸太

歩いていて気になったのが、ところどころに白樺のような樹木から切り出された、短い丸太が置いてあることでした。


中にはこんな感じで放置されているものも。


これ、一体何なんでしょうね。

草か木か

木が草に覆われてしまっていますね。



ハーフウェイ到達

さて、ようやく半分くらいまでやってきました。ちょうど向こう側の正面に見えるのがスタート地点です。


木道の幅は変わらないのですが、左右の草木が元気なせいで、さらに狭くなったような錯覚をおぼえます。


またしても謎の丸太が。どういう意味があるんでしょうね。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事