2013年12月9日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第156回「白い恋人の島」

 


沼浦展望台へ

残念ながら「利尻島郷土資料館」は休館日。ということで、鬼脇からさらに南へと進みます。


お。左に行けば「沼浦展望台」なるところがあるみたいです。昨日は気がつかなかったのですが、一体どんなところなのでしょう……?


これまた、ちょっと狭めの道を登ること少し……。

八景「雲湧く山」

駐車場がありました。そしてこの駐車場自体が展望台のようです。


利尻富士を望む展望台のようですね。この日はあいにくの空模様で、利尻富士は全然見えませんが……。


ここは「十六景スタンプラリー」の「八景」のようです。


天気が良ければ、このような景色を望むことができたのですね。



白い恋人の島

おや? これは何でしょう?


後ろが台になっています。写真撮影用のものみたいですね。


何故に「白い恋人」……と思ったのですが、実は、

パッケージは白色と水色を基調としたデザインで、中央に利尻島の利尻山の写真を配している。
(Wikipedia 日本語版「白い恋人」より引用)

ということなのだとか。どうやらこの展望台からの写真がパッケージに使用されている、ということなのでしょうか。パッケージの写真はクローズアップすぎてちょいと確信が持てませんが……。

実は後ろもいい眺め

ちなみにこの沼浦展望台、後ろはこんな感じです。


ちょっとどよーんとした空模様で残念な感じですが、天気が良ければ海の景色もいい感じに楽しめそうです。


ゴミはきちんと持ちかえりましょうね。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク