2013年12月10日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第157回「熊は熊でも」

 


オタドマリ沼

「沼浦展望台」を後にして、再び利尻島周回道路を時計回りに進みます。この先を右に曲がると「オタドマリ沼」のようですね。


右折して、先に進んでいくと……おお、何やら賑わっています。


駐車場の南側には、大きなドライブインがありますね。ちょっと寄ってみましょう。



熊は熊でも熊ざさ茶

入口で、ふと目に留まったのがこちら。


はい。どうやら「熊ざさ茶ソフト」なるものがあるのだとか。前の日に礼文で食べた「利尻昆布ソフト」もなかなかびっくりの味でしたが、こっちはどうでしょうか。

というわけで、さっそくオーダーしてみました。


うん、確かに熊ざさ茶の味がしました。それを果たしてソフトクリームにする必然性については少々疑問も残ったのですけどね(笑)。

官民一体です

駐車場の北側(沼に近いほう)には、「利尻富士町レストハウス」なる建物がありました。こちらは公営のレストハウスっぽいですね。


そして、駐車場の奥のほうにはトイレも……(そりゃあトイレくらいはあるでしょうよ)。


びみょうに屋根がとんがっているのは、積雪対策でしょうか。左右が緩やかなので、そこに溜まりそうな気もしますが……。

濁点があろうとなかろうと

なぁんか、まるで「道の駅」のように、お店の話ばかりになってしまっていますが……もちろん、ここの主役は「オタドマリ沼」です。


あれ? 濁点がありませんね……。ま、どっちでもいいと言われたらそれまでなんですが。左の台は写真撮影用のものかな? と思ったのですが、


もっと本格的な「記念撮影台」が用意されていました(礼文島のスコトン岬と同じですね)。三脚まで用意されているのは気が利いていますね。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク