2013年12月11日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第158回「火口跡だった」

 


清濁併せのむ

オタドマリ沼の話だったはずが、熊ざさ茶ソフトの話になってしまった感があるので、今日こそは……。


んー、それにしても現地の看板の類は全部「オタマリ沼」ですね。道路上の案内は「オタドマリ沼」だったのですが……。

マナーを守って順序よく

「沼」なので、本来は水際まで行くのは難しいのですが、


ありがたいことに、とても広い木道が整備されています。ん、先客の方々がいらっしゃいますね……。



仙法志ポン山

待つこと数分、先客の方々は、大半がバスにお戻りになったようです。


残念ながら、空は雲に覆われています。左手奥のほうに見える形の良い山は「仙法志ポン山」でしょうかね。



沼浦湿原は火口跡だった

立派な案内板もありました。さすがは国立公園ですねぇ。


オタドマリ沼とその周りの湿原は「沼浦湿原」という名前のようなのですね。てっきり海跡湖かと思っていたのでは、実はそうでは無かったようで。噴火口だったのですね。


「自然観察路」は一周約 20 分とのこと。この時は行かずじまいだったのですが、ちょっと惜しいことをしました。時間はあった筈なんですけどね……。



いつものアレが

そして、ここにも見慣れたいつものアレが。


オタドマリ沼から眺める利尻富士。ここが十六景スタンプラリーの「第七景」とのことです。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク