2014年1月1日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

利尻・礼文の旅 2012/夏 (174) 「中山さん」

 


路線バス(を見かける)旅

ノシャップ岬から西海岸を南下していたところ……


路線バスとすれ違いました。このあたりは路線バスが通っているのですね。

ДОМУ

左に曲がると「稚内市総合体育館」「稚内市少年自然の家」そして「稚内温泉『童夢』」なるものがあるのですね。林みのるさん……いえなんでも無いです。


220R のカーブにも「曲線半径 220 m」と書いてあります。たとえ緩くても、R はきちんと明記する方針なんでしょうか……。



中山さん

さて、前述の通り、このあたりには宗谷バスの路線が通っています。このバス停は「西浜会館前」という名前のようです。西浜集落の集会所のようなものがあるのでしょうか?


そして、次に見かけたものが……


出ました(汗)。北海道名物(?)、個人宅名のバス停です。こんなところにもあったんですねぇ……。で、実際には「中山さん」は引っ越し済みだったりするケースも少なくないのだとか(ここの「中山宅」についてはもちろん不明ですが)。

ルエラニ

オロロンラインと合流する「坂の下」交差点が見えてきました。


ここにもバス停があるのですが……


何の変哲も無い「坂の下」バス停でした。ちえっ(←)。ちなみにこの「坂の下」はアイヌ語和訳地名のようで、もともとは ru-e-ran-i路・そこに・下る・ところ)という地名だったようです。

W.C

ここを右折すれば抜海で、さらに進めば天塩に行けるのですが、さすがにそこまで行くと遅くなるので、左折して稚内市内に戻ります(実は、まだ走ったことが無い道なのです)。


坂の下(ルエラニ)からクサンルに向かう道だけあって、結構な上り坂ですね。


それはそうと、この案内板は……(笑)。なかなか見かけないデザインですよね。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事