2014年1月15日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

利尻・礼文の旅 2012/夏 (186) 「咲花トンネル」

 


遠別から中川へ

遠別町の国道 232 号線を南に向かいます。


……が、このままだと羽幌に行ってしまうので、遠別町啓明で左折して、道道 119 号を東へと向かいます。


突然農業用トレーラーと出くわしたりしてちょっと驚いたりもしましたが……。



快適な道をありがとう

この道は道道ですが(「道」の字が多いな)、素晴らしく良い状態に整備されていますねぇ……! これも冬を越えると路面もひび割れだらけになるのかもしれませんが……(汗)。


……と思ったら、現在進行形で工事中のところもありました。



咲花(さきはな)トンネル

道道 119 号は、ふたつほど小さなトンネルを抜けた後、「咲花トンネル」を抜けると中川町に入ります。


この「咲花トンネル」については、こんな話を見かけました。

  • 遠別中川の町境付近にある咲花峠はダート区間であり、北海道道256号豊富遠別線との分岐点からの区間が長期間災害による土砂崩れで通行止めとなっていた。この区間については、2002年(平成14年)3月に「咲花(さきはな)トンネル」(延長1,001m)が開通、供用開始され、現在は全区間舗装済みとなっている。そのため冬季の通行が可能になった。
(Wikipedia 日本語版「北海道道119号遠別中川線」より引用)

ふむふむ。今は近代的な 1 km のトンネルで一気に貫いているようにしか見えないのですが、旧道があったのですか。

(この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである)

うわ、これは……! トンネルの北側に点線で道らしきものが記されていますが、これは相当な道だったっぽいですね(汗)。今はこんなに快適なトンネルで一気に抜けることができますが……。



トンネルを抜けると

ということで、トンネルを抜けて中川町にやってきました。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事