2014年1月21日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

利尻・礼文の旅 2012/夏 (190) 「歌登町志美宇丹!」

 


歌登から志美宇丹へ

歌登町……あ、今は枝幸町歌登か……の中心部の交差点を右折して、志美宇丹方面に向かいます。ところでこの青看板、「乙忠部」の下に "Otchube" というアルファベットが。あえてヘボン式から外れた表記にしているのが興味深いですね。


というわけで、道道 12 号から離れて、道道 120 号を南東へと向かいます。名寄まで 93 km、美深まで 73 km、そしてオホーツク海沿いの乙忠部までは 26 km です。



このボールは何?

さて。歌登の道を走っていて、こういった看板をちょくちょく目にしたのですが……


共通しているのが、ゴルフクラブと大きなボール(のようなもの)。これは一体……? 近くにグランドゴルフ場があったみたいなので、それなんでしょうか。



追悼、マーカ・テンドーさん

さっきは「君影橋」という橋がありましたが、今度は「天導橋」だそうです。由来は何なんでしょうね。


そういえば、マーカ・テンドーというマジシャンの方がいらっしゃいましたね。……えっ、2009 年にお亡くなりになっていたんですか! びっくりびっくり……。

歌登町志美宇丹!

さて。歌登を抜け、志美宇丹(しびうたん)に向かいます。


志美宇丹を訪れるのはこれが二回目だと思うのですが、いつも天気が良かったので、とても好きな場所のひとつです。お店とかは何も無いところですけどね。


ちょいと記念撮影っぽく。


志美宇丹の集落の入口に案内板があったのですが、


まだ「歌登町」のままでした。せっかくなので、当分このまま残しておいてほしいですよね。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事