2014年3月12日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

利尻・礼文の旅 2012/夏 (221) 「道道あるある」

 


道道あるある

さてさて。次のアポまで少し時間があるので、平取町豊糠に行ってみることにしました(まだ未踏の地だったので……)。


まずは「夜間の除雪はしていません」が出ました。まぁ、これは基本中の基本。この程度で動揺していてはいけません。


懐かしの「凹凸あり」の標識も出てきました。


続いて「道路通行規制区間」の登場です。ちなみにお隣の橋は「鹿鳴館」ならぬ「鹿鳴橋」と言うのだとか。鹿鳴館と言えば舞踏会なんかのイメージがありますが、この橋はそのまんま、鹿の鳴き声が聞こえるということでしょうか(笑)。


規制区間の起点には、立派な交通遮断機がありました。



ようやくご対面

そして空模様まで怪しくなり……


あー、今回もようやくキタキツネとご対面ですね。残念ながら車の後ろに隠れてしまいましたが……。この道は平取町内でも交通量の少ない道(だと思う)なので、キタキツネやエゾシカを良く見かけます。



桂峠

さて、お約束通りにセンターラインも無くなって、しばらく進むうちに峠に到着しました。


この峠は「桂峠」というのですが、ご覧の通り、なかなか良い感じに塗装が剥がれています。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事