2014年3月25日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

新日本海フェリー「すいせん」ステートルーム A 乗船記

 


「苫小牧」と言いながら実は厚真町にある「苫小牧東港フェリーターミナル」から「敦賀港フェリーターミナル」までは、毎度おなじみ新日本海フェリーでの移動です。「毎度おなじみ」なのになんで記事にしたのかと言うと……


実はこの「すいせん」、2012 年 7 月 1 日に就航した「2 代目」なんです。ですから、この時は就航してから 2 ヶ月ちょいしか経っていない「新造船」だったのですね。

車両甲板 → 案内所

というわけなので、久しぶりにちゃんと写真を撮ってきました。まずは 1 甲板の写真から……(いらんやろ)。


新型「すいせん」は、従来型と同様、1 甲板・2 甲板・3 甲板が車両甲板で、4 甲板・5 甲板・6 甲板が客室になっています。この時車を停めたのが 1 甲板で、案内所(ホテルのフロントに相当)は 4 甲板なので……


つい楽をして、エレベーターに乗ってしまいました。



案内所にてキーの受け取り

案内所では、食事の時間のアレンジと部屋の鍵の受け取りを行います。鍵がなんとですね……


磁気式のカードキーになってました(汗)。いや、今まではこんな形のふつーのシリンダーキーだったんです。



案内所 → 部屋

キャリーバッグ片手に向かったのは……


スイートルーム……じゃなくて、「ステートルーム A」というお部屋。この「すいせん」では上から 4 番目のグレードの部屋です。

従来型では「スイートルーム」「デラックスルーム」の次になるのですが、新型の「すいせん」「すずらん」には「ジュニアスイートルーム」というグレードが新設されたので、「ステートルーム」は 4 番目のグレードになりました。



まずは荷物を置いて……出港する前に船内の探索に出かけましょう。



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事