2014年4月3日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

新日本海フェリー「すいせん」ステートルーム A 乗船記(昼食編)

 


お昼になりました。ということで、5F 左舷後方にあるグリルに向かいます。


窓側の席に案内されました。ちなみに、旧型の「すいせん」「すずらん」や「あかしあ」「はまなす」では、グリルの外に通路があったので、「窓側の席」でも直接海を眺めることができなかったんですよね。今回は、ありがたいことにオーシャンビューです。


テーブルを眺めてみると……どうやら和膳のようですね。


お品書きがこちら。



秋三昧

まずはこちら。「くるみ豆腐 くこの実添え」「柿の白和え」「真子の花咲煮」です。「真子(まこ)って何だろ?」と思ったのですが、魚の卵巣のことらしいですね。



強肴

「鱸と茸の白唐揚と生野菜添え 秋大根みぞれ庵掛け」……だそうです。ちなみに「強肴」と書いて「しいざかな」と読むのだとか。



ご飯とお味噌汁

ご飯は「鶏と山菜炊き込みご飯」、そして「茸汁」です。



水菓子

食後のコーヒーとデザートもついてきます。左はフローズンヨーグルトのようにも見えますが、「杏仁流豆腐」と銘打たれていました。要するに杏仁豆腐ですね。


それにしても、このグリル、いつも空いているおかげで、落ち着いて食事ができるのでとっても助かります。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事