2014年4月7日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

最終回「無事下船、無事帰着」

 


新日本海フェリー「すいせん」は、定刻通り 20:30 に敦賀港に入港予定……ということで、そろそろ、荷物をまとめましょうか。


20:13 の時点ですが、ほぼ港に到着していて、あとは向きを変えたりして着岸するのを待つばかり、といった感じです。

車両甲板へ

カーフェリーの場合、航行中の車両甲板への立ち入りは禁止されているので、到着直前に甲板への立ち入りが開放されたタイミングで、みんなでゾロゾロと移動することになります。飛行機から下りるときと同じで、みんな何故か急いで甲板に向かおうとしてしまうのですが、下船のタイミングは車を停めた位置で決まってくるので、実は急いでも何のメリットも無いんですよね。つまり、ギリギリまで引っ張って、ゆっくり下船するのが正解です。タイミングを見計らうのが毎回難しいんですけどね。

というわけで、今回は 20:17 に部屋を後にしました。


部屋の鍵はカードキーになりました。以前は入港の 30 分ほど前に、係の人が船内の全室を回って鍵の回収を行っていたのですが、カードキーになったのでそれも不要になりました。

5~6 分ほど歩いて、1 甲板に戻ってきました。


こーんな状態ですからね。急いだところでどうなるものでもありません。しかも、よーく見ると出口スロープに向かうには 180 度向きを変えないといけません。こりゃあ大変だわ……。

下船準備、完了

荷物をトランクに積み込んで、運転席に戻ってきました。カーナビの目的地もセット済みなので準備万端整っています。


まだ現在地が「厚真町」のままですが、そのうち GPS で補正されるでしょう。


後ろには、自衛隊の車が停まっていました。

ぐるーんと大回り

待つことおよそ十数分、ようやく下船です。180 度向きを変えないといけないので、まず右側にハンドルを切って……


そのままぐるーんと大回り。やればできるものですね(謎)。


ついに本州に再上陸!


その後は、ふつーに高速道路をドライブして家まで帰ってきました。

旅のおさらい

今回の旅程は 7 日間で 2,219 km 走行しました。一日あたり 317 km の計算になりますが、ほぼ二日ほど離島にいたことを思えば結構な距離ですね。


平均燃費は約 11.9 km/l でした。これもいつも通りの数値ですね。


ということで、大変長らく続けてしまった「北海道(利尻・礼文)2012/夏」も、今回でようやく最終回です。次回作にもどうぞご期待ください(何に)。

前の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク