2014年4月22日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

春の只見線(第6回)

 


小出発只見行きの普通列車の車内は、これまた懐かしい感じのボックスシートです。


天井にはもちろん……扇風機だけ。


扇風機のスイッチも、これまた懐かしいですね。



向きを間違える

次の駅は……「藪神駅」ですね。あ、進行方向間違えて座ってた!


というわけで、あわてて「前向き」に座り直しました。

改めて考えてみると、列車は階段から少し離れたところに停まっていたのですね。だから、てっきり階段とは反対方向に発車するものだとばかり早合点していたようです。

「南側」は 4 人がけのボックスシートですが、「北側」は 2 人がけです。通路を広い目に取っていますね。


それはそうと……窓の外を見てみると……


わかりづらいかも知れませんが、窓越しに撮影しました。つまり、車両の窓より高く雪が積もっているということですね。3 月の新潟県を舐めてましたよ……(汗)。

出発進行!

さぁ、ようやく小出を出発です。雪の壁の向こう側に上越線が見えてきました。


……が、程なく上越線は離れていきます。


只見線は魚野川を渡って、北東へと進んでいきます。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク