2014年4月24日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

春の只見線(第8回)

 


3 月の魚沼地方は、積もりに積もった雪が満期を迎えていました(汗)。車窓には雪下ろしに精を出す方々の姿も。


魚沼田中駅から 7 分ほどで越後須原駅に到着です。


動く車内からの撮影は難しいですね……。ピントが合ってないのは Sony のデジカメの操作に慣れてないから……ということにしておきましょう。

結局、Sony のデジカメはシャッター半押しが難しかったので、慣れ親しんだキヤノンのデジカメに出戻ってしまいました。

手前の <0> は停止位置を示すものですが、後ろの棒は何でしょうね。もしかして、積雪量を目視するためのものでしょうか。



阿武隈ならぬ「あぶるま」

列車は再び破間川を渡ります(実は、藪神と越後広瀬の間で一度渡っていたのです)。ところで、この「破間川」、なんと「あぶるま──」と読むそうです。読めないですよねー。


越後須原駅から 7 分ほどで(あれ?)上条駅に到着です。



川沿いのそんなに長くないトンネル

上条駅を出発すると、小出からでは初めてとなるトンネルを通過します。


川沿いのそんなに長くないトンネルを抜けると……


さらに雪の量が増えてませんか、これ(汗)。

入広瀬に到着

上条駅からは 6 分ほどで入広瀬駅に到着。


入広瀬は小出と只見のちょうど中間ぐらいの位置にあるのですが、除雪車両はここで待機しているみたいですね。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事