2014年4月30日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

春の只見線(第14回)

 


只見駅 15 時 42 分発の小出行き普通列車、発車 10 分前となりました。改札が始まり、駅舎とホームの間の扉が開放されました。新雪を踏みしめながらホームに向かいます。


ポイント(転轍機)にはヒーターと思しき装置が。


雪国の鉄路にはこの手の設備が整っているので、多少の雪でもふつーに運行できるのですよね。昔はポイントの近くにカンテラで火を灯したりしたものですが……。

あれっ、カラーリングがっ

小出行きの車両が見えてきました。


記憶の良い方は、「あれっ、往路の車両と違う!」とお思いになるかもしれません。確かに小出を発車したときは……


こんなカラーリングでした。ところが今は……


こんなカラーリングに。このミステリーを解く鍵は一体……

いえ、実はミステリーでもなんでも無くて、答はこういうことなんですけどね。


2 両編成の前と後ろでカラーリングがまったく違った、というだけのオチでした。

只見の春は時間差で

ホームと反対側(進行方向右側、だいたい北側)の座席を確保しました。窓の外はと言うと……


……(汗)。今にも雪に埋もれそうな勢いです。3 月は、暦の上では春ですが、只見の春は時間差でやってくるようです。

雪国恐るべし

小出行きの普通列車が、只見駅を出発しました。この道路標識、もはや息をしていないような感じですね。


そして踏切も……


実は、こういった形で雪に埋もれた踏切の警報器は、只見町内に限らず、新潟県側でも何度も目にしていました。生憎タイミングが合わずカメラに収められずにいたのですが、ようやくシャッターチャンスをものにできました。雪国恐るべし、ですね……。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク