2014年5月6日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

会津鉄道の旅(その2)

 


東武日光から会津若松までは、会津鉄道の「会津マウントエクスプレス」に乗車します。この車両の中は……


なんと、全席リクライニングシートです。


しかもこの車両、特急料金などは必要ありません。これは嬉しいですね……!


シートの裏側にはちゃんとテーブルがありますし、その下のポケットにはパンフレットやチラシが。下手な特急車両顔負けですね。

いろいろとちぐはぐな

車内はシックな木目調なんですが、車両前方には何とも謎なゲートがあったりします。


そして、ゲートの奥には……


運賃表示器が。途中、駅員無配置駅が多いということなんでしょうけど、この辺はローカル線の普通列車っぽいですね。

車窓の眺望

さてさて。何故か全席後ろ向きになっているので、ほぼ最後列の座席をゲットしました。ふと左を見ると……


目の前にはどどーんとさっきの「スペーシア」が。まだ乗ったことは無いのですが、どんな感じなんでしょうね。

後ろ向きに発車

「会津マウントエクスプレス」は、後ろ向きに動き始めました。ふと進行方向右手を見てみると、少し離れたところに JR の車両が見えます。JR の日光駅でしょうかね。


この電車……。確証は無いのですが、山手線か京浜東北線のお下がりのような気がします。千葉のほうでも見かけたのですが、日光にも走っていたのですね。


さて、東武線の下今市まで戻ってきました。ここまでは後ろ向きに走っていましたが、ここから向きを変えて東武鬼怒川線に入ります。ようやく前向きに走り始めることになりますね。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事