2014年5月26日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第7回「賀茂の流れに」

 


トミー・カイラが懐かしい

金閣寺道から、さらに北に向かいます。


このあたりには、以前はトミー・カイラのショールームがあったんですが、無くなってしまいましたね……。

加茂の流れに

賀茂川の近くにやってきました。「葵祭」の終点として有名かもしれない「上賀茂神社」は、この近くにあります。


あ、カップルが等間隔に並ぶので有名な「鴨川」は、この「賀茂川」の下流にあたります。

法令上はこのあたりも「鴨川」らしいのですが、一般的には「賀茂川」と表記されることが多いです。「加茂川」も間違いとは言い切れないですが、「賀茂川」のほうが多く見かけますね。

となりの……

上賀茂神社に向かう「上賀茂御薗橋」を渡らずに、反対方向の商店街にやってきました。


この商店街こそ、いちぶで何故か有名になった「御薗橋 801 商店街」です。

堀川通

上賀茂御薗橋と堀川通の間はとても短いのに片側一車線で、交通のボトルネックになっていたのですが、ようやく拡幅が完了して片側二車線になりました(地元民以外かなりどうでもいい情報)。


京都市内を南北に貫く幹線道路の一つである堀川通。片側 4~5 車線あるのは防火帯の名残ですが、北大路より北側はちょっと狭くて片側 2 車線です。ただ、街路樹が良く茂っているので雰囲気は良いですね。


まっすぐ行っても世界遺産、右に行っても世界遺産です。



みぶ・百万遍・みぶ

賀茂大橋にやってきました。このあたりで賀茂川と高野川が合流して鴨川に変わります。正面に見えるのが「五山の送り火」の舞台となる大文字山ですね。


「百万遍」の交差点にやってきました。右に見えるのが京大ですね。


ちなみに、新撰組の屯所があったことでも知られる「壬生」から「百万遍」を経由して「壬生」まで一回りする「201 系統」というバスがあります(京都市交通局)。昔は方向幕に「みぶ-百万遍-みぶ」と書かれていたのですが、確かにずーっとぐるぐる回っている感じがして味わい深かったですね(笑)。

百万遍から北白川へ

京大の北側を銀閣寺に向かって進みます。確か、この辺に「天下一品」の本店があったような……。


あー、完全に京都市内観光と化していますね(汗)。はい、個人的に思い出深いところをあちこち回ってしまいました。そのうち京都市内から脱出できると思いますので、もう少しだけお付き合いくださいませ。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク