2014年6月3日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

道東の旅 2013/春 (15) 「乗船開始」

 


乗船待ちの間にすること

新日本海フェリー「すずらん」への乗船時刻が近づいてきました。


フェリーターミナルの中にはあまりお客さんの姿を見かけなかったのですが、航送車両待機場はご覧の通り、そこそこ混雑しています。


乗船待ちの間にすることと言えば……


こちらです。下船後の目的地をカーナビに登録、ですね。時間がたっぷりある今のうちに済ませておきましょう。そうすると、


残り 1305 km の道のりを律儀に案内してくれたりします。:-)

カーナビはだいたい青函航路を案内するようなのですが、予想到着時間が新日本海フェリー経由と殆ど変わらないんですよね。面白い話です。

ようやく乗船開始

新日本海フェリー「すずらん」への乗船は、側方の入口から第 3 甲板に向かうルート(高架)と、後方の入口から第 2 甲板に向かうルート(地平)があります。


車内で待機すること 1 時間半以上、23:15 にようやく乗船です。


係の人の指示に従って、第 3 甲板を奥へと進みます。あ、この時にヘッドライトをオフにするのを忘れてはいけませんね(防眩のため)。何度か忘れたまま中に入って「ライト消してくださーい」と言われたことがあったような……(汗)。


甲板の奥の方でくるっとターンして……


駐車完了です。大型車が多い区画だからかもしれませんが、左右は随分と余裕がありますね。



では、船内へ

では、荷物を持って、船内へ向かいましょう。


Day 0 の走行距離は 249 km でした。最短ルートだと確か 180 km くらいなので、70 km ほど遠回りしたことになりますね。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事