2014年6月5日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

新日本海フェリー「すずらん」ジュニアスイート乗船記(つづき)

 


新日本海フェリー「すずらん」ジュニアスイートの話題を続けます。続いては恒例の水回り編です。

最大の違いかも

スイートとジュニアスイートの最大の違いかもしれないのがこちら!です。


手前のクローゼットには 2 人分の救命胴衣が用意されているのですが……おっと軌道修正しないと。


奧の鉄扉を開けると……


バス・トイレがあります。そう、バスルームがオーシャンビューじゃ無いんですよね。ちなみにスイートのバスルームはこんな感じだったりします。


なるほど、この差なんですね。

機能的には十分なバス・トイレ

ジュニアスイートのバス・トイレをじっくり見てみましょう。決して広くは無いのですが、機能的にまとめられていますね。床面はタイルですが、滑り止めが施されています。


バスタブは、シニアの利用も考慮してか、手すりなども完備されています。


水栓はサーモスタットつきのものです。これだと温度調整と水量調整が独立して行えるので、本当に助かりますよね。シャンプーとボディソープもボトルタイプで使い勝手が良さそうです。


トイレはお馴染みの真空式のものです(もちろん温水洗浄便座も完備)。斜めに据え付けられているのが目を惹きますね。決して広いとは言えない空間の中で使い勝手を考えるとこうなった……ということでしょうか。



電源プラグは海外対応

アメニティグッズは洗面台の上方に備え付けられています。


電動シェーバー用の電源もあります。海外の電気プラグも差し込めるタイプですね。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事