2014年6月7日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

新日本海フェリー「すずらん」ジュニアスイート乗船記(さらにつづき)

 


船の中では、基本的にのんびりと時間が過ぎるのを待つだけなのですが……(時間がかかる代わりに、飛行機のような「足が組めない」といった苦痛は無いのがありがたいところ)。

プライベートテラスにて

とりあえず、テラスに出てみましょう。ジュニアスイートにも、もちろん自室専用のテラスがあります。


テラスに出てみると、ウッドデッキの上には……何もありません。


デッキチェアでもあればいいんですが、なにしろ 27~8 ノットで巡航する高速船なんで、あまりデッキに長居されても困る……というのが正直なところなのでしょうね。

僚船とのすれ違い

前述の通り、基本的には何もすることが無いのが船上の旅なのですが、午前中の一大イベントがこちらです。


南航する僚船とのすれ違い、ですね。「すずらん」の相棒は「すいせん」なのですが、この日は何故か日頃は小樽-舞鶴航路で活躍する「あかしあ」とすれ違いました。


多分「すいせん」はドックに入渠していたんでしょうね。

新日本海フェリーの北海道-関西便は 4 隻で 2 往復体制なのですが、船が足りなくなると小樽-舞鶴便がカットされるようになっているようです。

壁掛けテレビでタキ井上の勇姿を見る

さぁ、これで後は昼ごはんの時間を待つだけです。のんびりと持ち込んだ DVD を見るなどして時間をつぶしましょう。


ジュニアスイートのテレビは壁掛けなので、


DVD プレーヤーは、デスクの端に置いてあります。


こちら、なんですが……


なるべく専有面積を小さくしたいのか、かなり配線がきついですね……。断線しないか気になります。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク