2014年7月18日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第48回「旧国境のそんなに長くないトンネルを抜けると」

 


ひろうちトンネル

旧国境のそんなに長くないトンネルを抜けると……


新得町です。そして、程なく「広内トンネル」に差し掛かります。


ちなみにこの「広内トンネル」、「ひろない」ではなく「ひろうち」と読みます。「内」はアイヌ語の nay の当て字として使われることが多いのですが、ここは数少ない(かも知れない)例外ですね。


広内トンネルの長さは 940 m とのこと。ブレまくりで申し訳ありません……。

ここで大変なことに気がついてしまったのですが、道東道の現在共用中の区間では、これが最後のトンネルになるようです。道東道は浦幌と足寄が終点ですが、ここから先はトンネルがありません。

まだまだ寒いけど

ここからは、斜面を横切る形で、緩やかに高度を下げてゆきます。左側は牧草地でしょうか。ゆったりとした景色が広がります。


5 月ですが、まだまだ雪が残っていますね。


ただ気温は 6 度あるので、昼間は凍結の心配は無さそうです。



十勝清水はペケレベツ

山と山の間の緩やかな鞍部を越えると、清水町に入ります。


昨日の記事でも書きましたが、「清水」はペケレベツ川(peker-pet)を意訳した地名ですね。駅の名前も IC の名前も「十勝清水」なので、「十勝清水」のほうが道外では通りが良いかも知れません。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク