2014年9月4日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第78回「オホーツク国道の裏側の更に裏側」

 


カーリングの街・常呂

「カーリングの街」常呂にやってきました。


……やってきたのは良いのですが、例によって何の下調べもせずに来たので、どこに行けばいいのかわからず。さっきの信号を左折していたら常呂駅の跡に辿り着けたらしいのですが、おもいっきり右折してしまいました……。


国道 238 号(バイパス)が見えてきました。ここからはサロマ湖畔を走破することにしましょう。ということで国道を右折です。



国内初の屋内専用カーリングホール

国道を西に向かっている途中で、右手に「とある建物」が見えてきました。


そう、これが……


「国内初の屋内専用 カーリングホール」だったのですね。地図には「常呂町スポーツセンター」とあります。なるほど、ここで常呂町の皆さんは年越しカーリングをやっているのですね……(笑)。

春ですね♪

バイパス沿いにはコンビニがあったり中学校があったり、あるいはツルヤ(ツルハに非ず)があったりするのですが、農地として使われているところもあって、


地面をよーく見ると、沢山のツクシがにょきにょきと生えてきていました。いやー、春ですね♪

オホーツク国道の裏側の更に裏側

さて。昨日の記事では案内標識の裏側が「ナナカマド」になっていたのをご紹介しました。


対向車線にあったこの案内標識の裏側は、


こうなっていました。


これ、OHOTSUKU を無理矢理 OKHOTSK に直したように見えるんですけど……(汗)。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク