2014年10月6日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第98回「境界線未定」

 


基本的にまっすぐ

ワイパーゴムの取り替えが無事終わったので、湧別に戻ることにします。


このあたりの国道 238 号は、たまーにこれくらいの深さのカーブ(200R くらい?)があるのですが、


基本的にはまっすぐな区間が多い道です。



境界線未定

信部内川に架かる「信部内橋」(しぶのつない──)を渡ると湧別町です。


ただ、地図をよーく見るとこのあたりには境界線が描かれていません。河川の形を見ると過去に改修が行われたように見受けられるので、それと関係あるのかも知れませんね。

(この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである)

たまには実用的な内容で

ここまでは、旧・名寄本線とほぼ併走していたのですが、湧別町信部内のあたりで国道は少し海寄りに離れていきます。


このあたりは、防風林……と呼べるかどうかは微妙ですが、道路の両脇が林のようになっていますね。多少なりとも、防風・防雪効果を期待したのでしょうか。


道路脇の林が、少しまばらになってきました。


ちなみに、場所はこのあたりです。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク