2014年10月14日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第103回「橋の名前は誰が決めるのだろう・リターンズ」

 


生田原までは約 7 km

遠軽から、国道 242 号線で生田原に向かいます。生田原の市街地まではあと約 7 km と出ていますね。



題名の無い橋

おや、これは……? 川が流れているようには見えないのですが、橋……なんですね。


しかも名前が……


「無名橋」と来ました。仲代達矢さんでしょうか。

割と普通の名前の橋

なぁんでこんな訳の分からない名前がついたのだろう……と気になったので、橋の名前をチェックしてみることにしました。今度も小さな橋ですが、


「青野橋」という、割と普通の名前でした。

意味がありそうで良く分からない橋

続いて、生田原川にかかるちょっと大きな橋が見えてきました。


「竜上橋」と書いて「りゅうじょう──」と読ませるようですが、果たしてどんな由来が……? あと、「生田原」は「いくたはら」と読ませるのが一般的みたいですが、「生田原川」のルビは「いくたわら──」になっているように見えますね。もしかしてどっちでも良かったりするのでしょうか。



意味があるのか無いのか良くわからない橋

生野駅のあたりを通り過ぎ、そのまま走ること数分……


再び(三たび?)生田原川を渡ることに。今度は……


「淀橋」と来ました。カメラ屋はおろか、浄水場も見当たりませんが……


道内をドライブしていると、謎めいた橋の名前を目にすることが多いのですが、これほど統一感が無いのも珍しいような。どういう基準でネーミングをしてるんでしょうね……。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク