2014年11月10日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第121回「古地図を土足で踏んづける!?」

 


北海道の古地図展!

網走市は天都山にある「道立北方民族博物館」にやってきました。


何を見に来たのかと言えば……こちらです!


そのままではちょっと見づらいので、拡大したものがこちら。


はい。「北海道の古地図展」という展示が行われていたのでした。

燦然と輝く「本日開館」の文字も確認できたので、中に入ってみましょう。



館内案内図

さて、この「道立北方民族博物館」、建物自体は二階建てなのですが、展示室があるのは一階部分だけのようです。エントランスホールの先にロビー兼特別展示室があって、右側奥に常設展示室があるようですね。



古地図を土足で踏んづける

お目当ての「北海道の古地図展」は、ロビー兼特別展示室で展示されているようです。……もう奧のほうに見えていますね。


この「──古地図展」、このように沢山のパネルで展示されているのですが……


ふと足元を見てみると……うわわわっ(汗)。これ、わかりづらいですが、実は床面に古地図(さすがに複写版ですが)が並べてあって、その上を透明なアクリルだかビニールだかの素材で覆ってあるのですね。


さすがにメインの展示物を踏みつけてしまっては拙いだろう……と思ったのですが、


何と土足で OK でした。常設の展示室で床がガラスになっているところはたまーに見かけますが、展示物を土足で踏んづけるという経験はあまり記憶に無いような……(汗)。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク