2014年11月28日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

Bojan の食事処探訪~「すし善」編

 


Bojan の食事処探訪~「すし善」編

さて、ラベルはそのまま突然題名が変わりましたが、その訳は……。

はい。この日は斜里町の「すし善」というお店で夕食をいただきました。ホテルにもレストランはあるのですが、実は夕食時の営業を行っていないのだそうです。

「泊食分離」という考え方

宿泊予約のメールにも「ご夕食は、ぜひ地元の飲食店で!」と記されていました。曰く、「ここ斜里町にある飲食店は、(中略)大半が個人経営の地域に密着したお店で、取り扱っている食材も新鮮そのものです」とのこと。なるほど、これは面白い取り組みですね。

これは想像ですが、ホテルが斜里駅前に進出する際に、地元との調整の一環として始めた取り組みなんじゃないでしょうか。全国展開のホテルチェーンが全部持って行ってしまうのではなく、どうすればそのお客さんが地元にお金を落としてくれるか、ということを考えたのでしょうね。

確かにここは北海道ですから、地元のお店の方が「安くてうまいもの」を出せる可能性も高いような気がします。宿泊客に多少の不便を強いる面がゼロでは無いにしても、地元が潤ってお客さんも満足という「うまい話」が成り立ちそうな感じもします。

もちろん、ホテルの近くにどんなお店があるのかさっぱり判らないので、ホテルのフロントに申し出ることで地図を貰うことができます。では、地図を片手に街へ繰り出すことにしましょう……!

旨いお寿司でも!

せっかく北海道まで来たんだし、旨いお寿司でも! という選択になりました。件の地図を眺めていたところ、ホテルからそれほど遠くないところに「すし善」さんを発見。


というわけで……。


とりあえず、まずは握りをいただきました。



地元ならではの珍味?

続いては、普段では見かけないようなメニューを……。写真には納めたもののメモを取っておらず、これが何だったか実は全く覚えていないのですが(汗)、カニか何かの卵だったですかね……? ああ、「外子」と「内子」だったかもしれません。これは「外子」だったでしょうか。


で、こちらが「内子」だった……かもしれません(記憶あやふや)。塊状で出てきましたが、これは凍ったままの状態なのですね。なんでも融け始めたころに食べるのが一番美味しいのだとか。


こんな感じで、地元ならではかもしれない? 珍味にもありつけたのでした。最初は「ホテルで夕食がとれないのは面倒だなー」と思ったりもしたのですが、こうやって美味しいお寿司にありつけるだけで、感想なんてコロっと様変わりしてしまうものです(笑)。

ついでにデザートも

お寿司屋さんからの帰りにセイコーマートに寄って、夜のデザートなんかを仕入れてきました。



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク