2014年12月3日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第134回「雪の越川橋梁」

 


幻の終着駅・越川

斜里町越川にやってきました。北海道の国鉄赤字ローカル線の中でも、あまりに早く廃止されたことで知られる「根北線」の終着駅だったところですね。


越川から、根北峠を目指して進みます。……ついに轍と轍の間に黒いラインが見えてきました。アスファルトの上にも雪が残り始めた、ということですね。


轍と轍の間が白くなってきました。そして、通称「越川橋梁」として有名な「第一幾品川橋梁」に近づいてきました。



越川橋梁に気がつかず

路面はどんどん白くなってゆきます。刻々と悪化する路面状況に神経をすり減らしていたので、もちろん越川橋梁の姿をカメラに収められるわけもなく……


ドライブレコーダーから起こした画像でお茶を濁します。それにしても、二年前とは雪の積もり方がエライ違いですね……(汗)。



自走不能の車も

越川橋梁を通過したことに気づかないまま、峠に向かって進んでいると……


前方右側にコースアウトした車が放置されていました。よーく見ると……


フロントも派手に凹んでいますね。自走不能になったので一旦放置されたのでしょうか。

圧雪アイスバーン……

根北峠に向かう国道 244 号は、辛うじて轍の部分は積雪の無い状態だったのですが……


ついに走行ラインにまで雪が積もるようになってしまいました。スタッドレスの真骨頂を発揮する時がやってきたようです(汗)。



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク