2014年12月4日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

道東の旅 2013/春 (135) 「雪の根北峠」

 


圧雪アイスバーンへの道

根北峠へと向かう国道 244 号は、とうとう轍にも雪が見え隠れするようになりました。だんだんと「圧雪アイスバーン」状態に近づきつつありますね……


対向車線は、轍もほぼ白くなってきました。もし、こんな右カーブで対向車が飛び出してきたらひとたまりもありませんね。


しかし、対向車線の心配をしている場合では無くなってきたようです。左側の轍がしっかりと黒く見えるのが不幸中の幸いでしょうか。


……などと思っていると(汗)。



根北峠に到着!

まだ峠の少し手前ですが、結果的にはこのカーブが最悪の状態でした。その後は断続的に黒い轍が復活して……


ついに根北峠に到着!


ここからは標津町に入ります。



(いろんな意味で)峠を越えました

峠を越えた標津側では、道路脇の積雪量は相変わらずかなりのものですが、路面の積雪量は随分と少なくなりました。ただ、標津の中心部までは、まだ 32 km もあります。気を緩めること無く安全運転で行きましょう。


峠を越えて 2 分ほどですが、センターラインの積雪も綺麗になくなっていました。もちろん、一旦融けた雪が再度凍ってブラックアイスになっている可能性もゼロではないので、引き続き慎重に運転を続けます。



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事