2014年12月27日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

寝台特急「あけぼの」乗車記 (4) 「シングルデラックス」

 


経年劣化?

さぁ、四回目にしてようやく「あけぼの」に乗車です(汗)。今回乗車するのは「シングルデラックス」というグレードの車両です。7 号車ですから、割と前のほうですね……。

というわけで、7 号車に向かって歩いていたのですが、途中で見かけた「ソロ」の車両がこちら。


うわぁ……。思いっきり塗装が剥がれてしまっていますね……。全塗装にはお金がかかるという判断なのでしょうけど、せめてもう少し目立たない程度に修繕塗装できないのかな……などと思ってしまいました。

シングルデラックス

7 号車に到着しました。「シングルDX」と「A 寝 台」の文字が光ります。A 寝台に乗るのはもちろん初めて……です。


車内に入ります。「A 寝台 1」は一番前の部屋ですね。記録の意味も込めて車両番号も控えておきます。


「A 個室 1」にやってきました。



施錠もできます

フェリーだと、乗船後にフロントに相当する「案内所」でカードキーを渡してもらうのですが、この「あけぼの」にはもちろんフロントに相当する場所はありません。そのため、ホテルなどにあるセキュリティボックスと同じ仕組みで暗証番号を設定して外から施錠ができるようになっています。


ちなみに、暗くなってからもボタンが光るので安心です。



狭いながらも

ドアを開けると……わぁお。いい感じじゃないですか! もちろんホテルやフェリーと比べると格段に狭いのですが、それでもこれだけの空間でプライバシーが確保できるのですから文句ないですよね。


窓側には何やら沢山のスイッチが。


ん、これってもしかして……。ビジネスホテルなんかで良くあるスイッチですよね。アラームと空調と、照明やラジオなどを調節できるアレです。一昔前のビジネスホテルには必ずあったものですが、この、微妙に古くさいところが、いい雰囲気を醸し出していますよね。



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク