2015年1月5日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

函館~根室 各駅停車の旅 (1) 「まずは函館へ」

 


函館~根室 各駅停車の旅

しれっとラベル名を変えて話題を続けます。青森からは、まず青函トンネルで函館まで移動して、そこから北海道最東端・根室まで各駅停車で移動してみることにしました(さすがに一日では無理なので、途中で一泊しますが)。

というわけで、まずは函館に移動します。


「あけぼの」が到着した青森駅の 5 番線。次の発車は 10:30 発のスーパー白鳥 11 号・函館行きです。

青森駅が、旅立つ人の背中を押していました(笑)。


はい、行ってきますね!

スーパー白鳥

スーパー白鳥の始発駅は、青森駅ではなくて「新青森駅」です。東京駅 6:32 発の「はやぶさ 1 号」に乗った人も、この「スーパー白鳥 11 号」で北海道に向かうことになります。というわけで、スーパー白鳥が新青森からやってきました。


JR 北海道のコーポレートカラーを大胆にあしらったカラーリングです。そしてピントが合っていないのもお約束になりつつあります(カメラマンの腕の問題ですね)。



あれ? この車両はどこかで見たような

青森駅は基本的に行き止まりの構造なので、新青森から来たスーパー白鳥も、進行方向を転換して逆方向に進みます。途中で「津軽線」は「奥羽本線」と分かれて、北西に進み始めます。

すると、車窓左手にどこかで見たことのある車両が……


またしてもガラスの水滴にピントがあってしまっていますが(泣)、この車両は……かつて東海道線などを走っていた車両ですよね。東北地方の JR 線は、電化されている場合でも全部交流なので、直流用のこの車両は使えない筈なんですが、なんでこんなところに……。

青函トンネルで北海道へ!

さてさて。10:30 に青森駅を発車してからおよそ 40 分で、青函トンネルに入りました。


そして、24 分ほどで青函トンネルを通過。北海道に入りました!



木古内に到着

11:44 に、江差線との接続駅・木古内に到着。新幹線の工事も随分と進みましたね。



終点・函館に到着

江差線に入ってからは速度を落としつつ、3 分ほど遅れて 12:25 に終点・函館駅に到着です。



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事