2015年1月16日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

函館~根室 各駅停車の旅 (4) 「函館・五稜郭・桔梗・大中山・七飯」

 


五稜郭駅(H74)

函館駅 14:26 発の長万部行きは、定刻通りに発車しました。車内はご覧の通り、懐かしいクロスシートです。


約 6 分後に、五稜郭駅(H74)に到着です。そして、五稜郭駅を出発すると、右手に車庫が見えてきました。


ちょうど真ん中のあたりに、津軽海峡線用の機関車が並んでいますね。拡大したものがこちらです。


3 両の電気機関車のうち、一番左側の車両には「北斗星」のヘッドマークがつけられています。一番右側の車両にも黄色いヘッドマークがついているのですが、あれは何でしょうか? 急行「はまなす」のヘッドマークのようにも見えますが、ちょっと違うようにも見えてしまいます。

桔梗駅(H73)

さらに約 6 分後、列車は次の桔梗(ききょう)駅(H73)に到着です。


駅舎は 1989 年に改築されたものだそうです。塗装がしっかりしているからか、もっと新しそうに見えますね。



大中山駅(H72)

約 4 分後、次の大中山駅(H72)に到着です。


この駅は、随分と年季が入っているように見えますね。駅舎の南半分がフェンスで覆われていました。どんな工事が行われていたのでしょうか。



七飯駅(H71)

そして約 5 分後、七飯町の中心駅・七飯(ななえ)駅(H71)に到着です。函館から数えて 5 駅目にして、初めてのアイヌ語由来と考えられる駅にやってきました。


七飯駅の駅舎は 1977 年に改築されたものとのことで、どことなく国鉄っぽい、実用的なデザインのように見えますね。



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事