2015年2月20日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

函館~根室 各駅停車の旅 (30) 「東鹿越・幾寅」

 


東鹿越駅(T35)

根室本線と「かなやま湖」の間に、交差点が見えてきました。交差点の先には鹿越大橋が見えますね。


この「鹿越大橋」、実物はなかなか立派なワーレントラス橋だったりします。


この写真は数年前に車で走った時のものです。根室本線からは残念ながら少々距離があります。

東鹿越駅が見えてきました。


このあたりの山からは石灰が採れるらしく、日によってはダンプカーが頻繁に走っていることもあるのですが、かつては鉄道でも石灰の輸送が行われていたそうです。鉄道での貨物輸送は残念ながら 1997 年で終了してしまい、同時に東鹿越駅も無人化されてしまったのだとか。


改札口の上に、ひらがなで「ひがししかごえ」と書いてあるのがお茶目な感じですね。

幾寅駅(T36)

東鹿越を発車してからも、引き続きかなやま湖畔を走ります。


湖に近くなったり遠くなったりを繰り返しているうちに……


およそ 5 分後、幾寅駅が見えてきました。


この駅は……、高倉健が主演した映画「鉄道員(ぽっぽや)」のロケ地として有名ですね。


というか、「幾寅駅」という名前以上に、「役名」としての「幌舞駅」で有名になってしまっているのが現状です。「ようこそ幌舞駅(幾寅駅)へ」ですからねぇ……。


だから……かどうかは知りませんが、こうやって列車の写真を撮影する方もいらっしゃったり。



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク