2015年3月16日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

函館~根室 各駅停車の旅(番外編)#3 「根室を出発!」

 


駅長さん登場

根室からは、8:22 発の 5628D で釧路に向かいます。


改札口では、駅長さん自らお見送りです。


時折後ろを振り返りながら、乗り遅れそうなお客さんがいないか確認します。



観光地の定番と言えば

列車は定刻の 8:22 に釧路に向かって出発しました。「ようこそ根室へ!!」の看板と、「朝日に一番近い街」の看板が目を引きますね。


そして、ホームの東根室寄りには、観光地の定番・顔ハメ看板も(笑)。


その横には「流氷岬 納沙布」と書かれた、駅名標のようなものもあります。


この駅名標によると、根室から札幌までは根室本線経由で 530 km とのこと。つまり、前日は 530 km を移動してきたことになるんですね(営業キロでは 527.3 km でした)。



東根室駅

あいにくの曇り空の下、根室の街に別れを告げます。


2 分後に、東根室駅に到着です。まるでウッドデッキのようなホームですね。



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク