2015年4月4日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

寝台特急「北斗星」乗車記 (7) 「上野駅 13 番ホーム」

 


遅れ、拡大中

上野行き寝台特急「北斗星」は、黒磯を過ぎたあたりで遅れが 14 分ほどに拡大していました。なんでも先行列車が遅れているからだとか。

まもなく上野

その後は宇都宮・大宮と停車して、まもなく終点の上野……というところまでやってきました。東北新幹線の高架橋が見えますね。



上野駅に到着

終点の上野には、最終的には 12 分遅れで到着しました。到着したのは懐かしの 13 番ホーム。4 日前に「あけぼの」に乗車したホームです。


9 号車は A 寝台(ロイヤル)と B 寝台(ソロ)の合造車でした。


夜汽車の旅の余韻をかみしめる……という程では無いのですが、「ああ、着いたんだなぁ」と思いながら、出口に向かって歩いてゆきます。あっ、これがロビーカーですね?



謎の「539」

北斗星の車体にはこんなエンブレムがついていたのですね。「SAPPORO」と「TOKYO」の間の「539」が謎だったのですが、青函トンネルの長さが 53.9 km であることに因む「ゾーン 539」という愛称があるのだとか。恥ずかしながら知りませんでしたが……(汗)。


3 号車のエンブレムまわりは塗装が残念なことに。



おつかれさまでした!

先頭の機関車を撮影中の先客がいらっしゃいました。


「がんばろう日本!」「がんばろう東北!」のロゴが光ります。


札幌を出発した時はディーゼル機関車の重連でしたが、いつの間にかこの機関車に交代していたのですね(青森で付け替えたのでしょうか)。北斗星と合わせたカラーリングもなかなか憎いですね。



ご愛読ありがとうございました

さぁ、短いようで長かった旅の記録も今回で終了です。ご愛読ありがとうございました。明日からは平常運転(それって何?)に戻る予定です。

前の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事