2015年4月5日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第148回「お約束通りの『通行止』」

 


さて! 当の本人もどこまで話を進めたか記憶があやふやになりつつありますが(汗)、久々に「北海道(道東)の旅 2013/春」の連載を再スタートさせましょう!

羅臼峠へ(行けるとこまで!)

というわけで……。せっかく羅臼まで来たので、知床峠(冬季通行止め中)にアタックしてみることにしました。


標津から羅臼までの国道は「国道 335 号線」ですが、道の駅の近くの交差点からは国道 334 号線に変わります。路面には雪などは一切ありませんね(水たまりはありますけど)。


しかし、すぐに歩道には雪の姿が。


そして、道路情報表示板に燦然と輝く「(334)知床峠 冬季通行止」の文字が。


あ、もうこのあたりも「知床国立公園」なのでしょうか。



お約束通りの「通行止め」

きちんと除雪されているのか、路面には雪は皆無ですが、路側の雪の量が少しずつ増えていき……


場所によっては車線上にも雪が残るようになってきました。まぁ、この程度であれば、根北峠よりもいい状態なんですけどね。


知床峠の頂上まで 13 km の地点まで来ましたが……


やはり……と言うべきか、まぁ当然なんですが、この先は通行止めでした。交通遮断機でしっかりと閉鎖されていますね。



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク