2015年4月15日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第156回「瀬石温泉・相泊温泉」

 


セセキの滝

さて、前方に見えたこの滝ですが……


この滝は「セセキの滝」と言うのだそうです。「セセキ」は「瀬石」と書かれることもありますが、元々は「温泉」を意味するアイヌ語のようです。知床半島の西側にある「カムイワッカの滝」は湯が流れ落ちる滝として有名ですが、この「セセキの滝」を流れるのは「湯」なのか、それとも「水」なのか、どっちなんでしょうね。

名前からは「湯の滝」のようにも思えるのですが、「湯が流れている」という話は耳にしないので、やはり普通に水が流れ落ちている滝なんでしょうか。

瀬石温泉

「セセキの滝」の前を通過すると、程なく「瀬石」の集落に到着します。


「瀬石」には、その名の通り「瀬石温泉」という温泉があります。この温泉は「川湯」ならぬ「海湯」とも言うべき構造で、満潮時には湯船が沈んでしまうのだとか。ちょくちょく TV でも取り上げられているので、ご存じの方も多いかと思います。



相泊温泉

瀬石から更に数百メートルほど走ると、もうすぐ「相泊」の集落です。


右手に何やら建物が見えますが……


実は、これが「相泊温泉」の建物だったようです。ここは瀬石温泉とは違って湯船を覆う建物があるのですが、荒天時は撤去されてしまうのだとか。



あと 500 m で行き止まり

相泊温泉から更に北に進むと、道は緩やかに右にカーブして……


あと 500 m で「行き止まり」となります。


道道 87 号線の終点が近づいてきました。あともう少しです。



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク