2015年4月24日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

道東の旅 2013/春 (163) 「羅臼のひかりごけ」

 


知床らうす八景

では、今度こそ「マッカウス洞窟」に向かいましょう。何やら案内板のようなものが見えますが……


「案内板のようなもの」ではなくて、普通に「案内板」でした。「マッカウス洞窟 羅臼のひかりごけ」は「知床らうす八景」の一つなのだそうです。


それはそうと、奥の方に見えたこれは……


岩の間から漏出した水が見事に凍っています。まるで氷瀑のようですね。

落氷注意

このマッカウス洞窟は海蝕洞なのか、洞穴と言うよりは上部に岩がせり出している崖のような形状をしています。つまり、岩に染み込んだ水が氷柱になって、やがて落ちてくる可能性が高いわけで……


「落氷注意」の警告の横には……


金属ネットに覆われた歩道が作られていました。「ヒカリゴケ 入口 頭上注意」の文字が光ります。



網の中の懲りない面々

では、中に入ってみましょう……。どことなく、小学校のうさぎ小屋に入ったような感じがありますね(笑)。


洞窟には案内板がいくつか設置されているのですが、


なんともシュールな感じですね。もちろん寄ればちゃんと読めるんですけどね。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事