2015年4月30日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

道東の旅 2013/春 (166) 「さようなら羅臼町、こんにちは標津町」

 


春刈古丹

羅臼町の「春日町」に戻ってきました。この辺りはかつて「春刈古丹」と呼ばれていたところで、川の名前は今でも「春刈古丹川」です。


あ、これは「春刈古丹川」の北隣を流れている「ポン春刈古丹川」に架かる「ポン春刈古丹橋」ですね。ponporo(大きい、広い)の対義語ですから、意訳して「小──」などとする場合が多いのですが、ここでは「ポン」がそのまま残っているのですね。

「ポン」があるということは、もちろん本家「春刈古丹橋」もあります。



幌萌へ

「春刈古丹橋」を渡ると、羅臼峠への上り坂が続きます。海抜 5 m から一気に 60 m 地点まで駆け上がってゆきます。峠の手前のスノーシェルターが見えてきました。



茶志別から陸志別へ

地すべりで海岸線が静かに隆起したことで話題になった「幌萌」を通り過ぎ、茶志別川に架かる「茶志別橋」が見えてきました。


春日町(春刈古丹)から陸志別までは台地の上を通りますが、陸志別……あ、今は「峯浜」でしたね……の集落に向かって坂を下ります。海が見えますね。


坂を下りて、海沿いを走ると峯浜の集落です。



さようなら羅臼町、こんにちは標津町

植別川にかかる「植別橋」を渡ると、ここからは標津町です。


標津町域に入りましたが、まだ町の中心部までは 26 km ほどあります。



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事