2015年5月14日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

道東の旅 2013/春 (173) 「サーモン亭の『鮭親子丼』」

 


賑わうサーモンパーク

標津サーモンパークにやってきました。すでに敷地内なのですが、立派な構内道路と駐車場には沢山の車が……。ゴールデンウィークの休日ではありますが、随分と賑わっていますよね。


そして、前方には随分と大きなガラス張りの建物が。どうやらこの建物が「標津サーモン科学館」のようですね。



サーモンハウスのサーモン亭へ

ただ、今はとりあえずお腹が空いた……ということで、「標津サーモン科学館」のお隣にある「サーモンハウス」なる建物に。


この「サーモンハウス」の中には、「しべついちば」という名前の、海産物などを販売しているお店と、「サーモン亭」という名前のシーフードレストランが入っています。


さすがゴールデンウィークと言うべきか、「サーモン亭」は結構混んでいたのですが……。待つこと約 30 分ほど、ようやく「鮭親子丼」とご対面です!


大変おいしゅうございました(まる)。

ささっと中標津へ!

さて。この後はサーモン科学館を見学……せずに、中標津まで移動しました。はい。ちょいと野暮用がありましたもので。


一旦、国道 244 号まで戻って、国道 272 号を通って中標津に向かうことにしました。


おっ、ここが「道道 863 号線」の終点でしたか。道道は県道などと同じく六角形の標識で、「ヘキサ」なんて言い方をする場合がありますが、道道は起点と終点で大型のヘキサを良く見かけますね。


国道 244 号を南に向かって走ると、約 1 km で国道 272 号との交差点です。では、ささっと野暮用を片付けてしまいましょう!



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事