2015年7月1日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第205回「わたしたちは牛乳消費拡大に真剣に取り組んでいます」

 


標茶町磯分内

標茶町の「瀬文平橋」で釧路川を渡って、再び釧路川の東岸にやってきました。


おお~! これはまた随分と立派なトラクターですね!


標茶町第二の集落・磯分内にやってきました。磯分内には JR 釧網本線の駅もありますが、駅名の由来は……また日を改めて(おそらくアイヌ語だと思うので)。標茶駅のあたりはアイヌ語の地名が失われているようですが、周辺部にはまだまだ沢山の古い地名が残っているようで、愛好家にとっては嬉しい限りです。



弟子屈(てしかが)

磯分内の街を抜けて更に北に進むと、「コムケップ川」という小さな川を渡ります。「境橋」と名付けられた小さな道路橋の向こうは弟子屈町です。


「磯分内跨線橋」で JR 釧網本線をオーバークロスします。


「弟子屈」は「てしかが」と読む、有名な難読地名ですが、街の中心にあった「弟子屈駅」は、1990 年に「摩周駅」に改称されてしまいました。ただ、手前の「南弟子屈駅」は今でも健在です。


少し晴れ間が見えてきたので、より魅力的な眺めになってきました。奥に見えるのは美羅尾山でしょうか。



わたしたちは牛乳消費拡大に真剣に取り組んでいます

国道 391 号は、別海からやってきた国道 243 号と T 字路で合流します。


T 字路の先では、JA 摩周湖青年部さんが牛乳の消費拡大に真剣に取り組んでいました。まずは話題づくりからという戦略でしょうか。がんばれ JA 摩周湖青年部!



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク