2015年7月2日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

道東の旅 2013/春 (206) 「そば処『出雲』」

 


カイ○ズっぽい

弟子屈町の国道 243 号線(国道 391 号との重複区間)を西に向かいます。広域情報は……「故 障 中」のようですね。


それはそうと、気になるのはこちらの看板です。


どこからどう見ても「MIND HOME」ですね。いえ、決して「カ○ンズっぽいなー」なんて思ってはいけないということで(汗)。

弟子屈町の中の「弟子屈町」

良くわからないと言えばこの一枚も。


いえ、弟子屈町なのはわかるのですが、どう考えても弟子屈町の町境からは随分と離れていますし、この一帯が特に「弟子屈町」と呼ばれているわけでも無さそうですし……。謎です。

まぁ、細かいことは気にせず行きましょうか。



美羅尾スキー場……

前方に、やたらと沢山アンテナが立っている山が見えてきました。どうやらこの山が「美羅尾山」と言うみたいですね。リフトも見えるので、冬場はスキー場として営業している……と思ったのですが、どうやら既に廃止されてしまったのだとか? 残念ですね……。


弟子屈の街の北寄りのあたりで、美幌に向かう国道 243 号と足寄に向かう国道 241 号が分岐します。


それはそうと、ちょっとお腹が空いてきました……。そう言えば前の日は朝食無しのプランだったので、朝は何も食べて無かったのですよね。

そば処「出雲」

実は弟子屈の街に来たのはこの時が確か 2 回目でして、241 号と 243 号の交点にそば屋さんがあったのを知っていたのですよね。


というわけで、前回は入りそこねてしまった「そば処 出雲」さんでお蕎麦を頂くことにしました。


さすがはゴールデンウィークということもあってか、店内は中々の賑わいを見せていましたが、殆ど待たされることも無かったのは幸いでした。


というわけで、ざるそばを頂きました! やっぱ北海道と言えば蕎麦ですよね(ラーメンの立場は?)。美味しかったですよ~

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事