2015年7月8日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

道東の旅 2013/春 (210) 「ナイスな(死語)イラスト」

 


雄阿寒岳の向こうに

国道 241 号の二つのビュースポット「双岳台」と「双湖台」を通り過ぎ、阿寒湖を目指します。目の前に聳える「雄阿寒岳」のちょうど向う側が阿寒湖ですね。


R100 の「急カーブ」です。ようやく北海道らしくなってきましたね(笑)。



ナイスな(死語)イラスト

目一杯拡大したので画質が残念なことになっていますが、「野生動物による交通事故情報」と書かれていますね。よーく見るとなかなかナイスな(死語)イラストまで描かれています。



重複区間

国道 241 号は、ここで釧路からやってきた国道 240 号と合流です。


この先、フップシ岳の麓までは、国道 240 号と 241 号の重複区間となります。



セイコマが!

急に、目の前に巨大な建物が沢山見えてきました。どうやらここが阿寒湖温泉のようです。


ホテルや土産物屋が立ち並ぶ中、国道沿いには「セイコマ」の看板を発見!



どこへ行くにも 50 km

阿寒湖温泉は車を停めるだけでお金を取られるイメージがあるので(偏見)、今回もあっさりスルーしました。国道 241 号の足寄峠は「路面凍結の恐れ」と来ましたか……。


国道 240 号は釧北峠に、そして国道 241 号は足寄峠に向かうのですが、これではまるで、どっちに行っても次の町まで 50 km over のように見えてしまいますね(笑)。


(実際には美幌の手前に津別町があるのですけどね)

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事