2015年10月5日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

新日本海フェリー「はまなす」スイートルーム "Scorpio" 二度目の乗船記(朝食編)

 


朝を迎えました。秋田沖の日本海には雲が立ち込めていてどんよりとした感じです。海も心なしか波が高いように見えますね。



グリル "Cosmos" へ

ということで、朝食の時間となりました。予約票を片手にグリル "Cosmos" に向かいましょう。


グリル "Cosmos" は、船体後方の右舷にあります。ただ外側に通路があって、擦りガラスで区切られているため、残念ながらオーシャンビューではありません(建造年次が新しい「すずらん」「すいせん」では、グリルは左舷の海側にあるので、海を見ながら食事を愉しむことができます)。

幻の朝食

グリルでの朝食はスイートの船客のみに提供されます。というわけで出てきた裏メニュー(違)がこちら。


和食ですが、多すぎず少なすぎず、いい感じですね。あ、そうそう……


もちろんお味噌汁もついてます。

そう言えば、牛乳が出るのはちょっと珍しいかもしれませんね。お隣は水が入ったコップですが、ディーゼルエンジンの振動でずっと水面が小刻みに揺れてるんですよね。


「すずらん」「すいせん」ではあまり気にならなかったので、これは「あかしあ」「はまなす」型の特徴?なのかもしれません。

食後にはお茶を頂きました。大変おいしゅうございました。



船は日本海を南へ

係の人に予約票を返してもらって(これが無いと昼食と夕食が食べられません)、グリル "Cosmos" を後にします。最初の写真から 40 分ほどしか経っていませんが、少しずつ晴れ間が見えてきましたね。波も穏やかになってきたような気がします。


更に 2 時間後はこんな感じに。山形県の飛島のはるか沖を航行中ですが、随分と空が青くなってきましたね。



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事