2015年10月27日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

日本最長路線バスの旅 (13) 「旧道をゆく!」

 


十津川村役場を出発した八木新宮線の路線バスは、国道 168 号線の旧道をゆきます。途中で小型のバスとすれ違いましたが、これが村営バスなんでしょうか? 行き先に「瀞八丁」と出ていたのですが、http://www.vill.totsukawa.lg.jp/www/contents/1395651344549/ によると、なんと十津川村役場から瀞八丁まで一日 2 往復バスが走っているのだそうです。



十津川村小原

ここは「大津呂」という集落ですが、バス停の名前は「十津川村小原」です。橋の向こうの小原集落の方が栄えているからなんでしょうね。



旧道をゆく!

次のバス停は「滝」というところだそうですが……


うわわわわっ……。これは随分と狭い道ですね……。この道をフルボディの路線バスが走るというのは驚きです。


うわー、本当に走っちゃってますよ(汗)。もちろん対向車が来たらアウトですが、信号機らしきものがあったかどうかは……。バイパスができたので、それだけ交通量が少なくなっているということなんでしょうか。



突然の多重立体交差

「滝」バス停を過ぎると、「このバスは高滝口には参りません」というアナウンスが。そしてバスは国道 168 号(旧道)から離れて国道 425 号に入ります。

国道 425 号のトンネルを抜けると、右手にはなんと川の上に多重立体交差が。ちょうど真上に見えるのが国道 168 号バイパスのようです。


バスは、ちょうど右手に見えていたランプウェイのような道をゆきます。


かなりクネクネしているので地図をつけておきますね。今はちょうど逆 S 字のような道を登っている途中です。ちょうどこの近くに十津川第一発電所があるんですね。

(この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである)

やむなく?バイパスをゆく

上に国道 168 号(新道)のトンネルが見えます。そして下に見えるのがさっき通った国道 425 号のトンネルですね。


逆 S 字の要領で国道 168 号(新道)に合流しました。右手に見えるトンネルは、直前に見えていたのと反対の、南に向かう「今戸トンネル」です。


なるほど、このトンネルを通るので、旧道沿いの「高滝口」には行かないのですね。ちなみに、この「高滝口」バス停は、現在も

災害による迂回のため、当面の間、宇井・長殿発電所前・高滝口には停車いたしません
(奈良交通 運行状況 Web サイトより)

という扱いなのだそうです。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事