2015年12月2日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

日本最長路線バスの旅(番外編)#11 「阿曽駅に法廷ウォッチャーの姿は無かった」

 


大内山駅から伊勢柏崎駅に向かう途中で、前方に随分と高いところを通っている高架橋が見えてきました。紀勢自動車道ですね。


この橋のちょうど右側に紀勢自動車道の「紀勢大内山 IC」があるのですが、実はこの IC、なんと山の上にあります。

(この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである)

山の上にある IC は日本中を探せば他にもあるでしょうが、これだけ豪快に「山の上」なのはなかなか珍しいのでは無いでしょうか。

最寄り駅じゃないですから

さて、イオンド大学の最寄り駅として有名な(違います)「伊勢柏崎駅」に到着です。


跨線橋があるということは……そう、この伊勢柏崎駅にも交換設備があるのです! そして、お向かいのホームにはコンパクトながらも機能的なホーム上屋がありました。


伊勢柏崎駅に数分間停車したまま、なかなか発車しないなーと思っていたのですが……


対向列車が来るのを待っていたようです。このカラーリングは JR 東海の標準的なもので、この車両は運転席が片側だけにあるキハ 48 のようですね。2 両編成のワンマンカーです。


そんな(どんなだ)伊勢柏崎駅を後にして、次の「あそ」駅に向かいます。



法廷ウォッチャーの姿は無く

紀勢本線は、大内山川が切り開いた僅かな平地の中を縫うようにして走ります。5.1 km ほど走ると次の「阿曽駅」に到着です。


ホームにスカートを履いた法廷ウォッチャーの人を探したのですが、当然の事ながらそのような人はいませんでした(そりゃそうだろ)。


そして……! この「阿曽駅」は、何と一面一線の「交換設備の無い駅」です! 九鬼駅から大曽根浦駅、尾鷲駅、相賀駅、船津駅、三野瀬駅、紀伊長島駅、梅ケ谷駅、大内山駅、伊勢柏崎駅となんと 10 駅連続で交換設備(すれ違い設備)があったのですが、ようやく久しぶりにポイント設備の無い駅ですね。この「阿曽駅」も以前は有人駅だったそうですが、路線が開通してから 1 年後に開業したとのことで、「後づけの駅」という意味でもかなり久しぶりのような気がします。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク