2015年12月8日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

冬の北海道の旅 (1) 「名古屋港フェリーターミナルへ」

 


ある薄曇りの冬の日のこと(なんとなく懐かしい書き出し)。伊勢湾岸自動車道の「名港中央 IC」にやってきました。


ETC ゲートを通過して、名港中央 IC から流出します。もちろん ETC カードが接触不良でゲートが開かず……なんてマヌケな真似はしません。



左へ、北へ

名港中央 IC を出ると、目の前には「あおなみ線」の高架が。フェリー乗り場は海側にあるのが普通なので、つい右折して南に向かいたくなるところですが、太平洋フェリーの名古屋港 FT は IC の北側にあるのです。ということで、ここは左折が正解です。


しばらく「あおなみ線」の横を北上……してもいいのですが、


カーナビによっては、伊勢湾岸道をくぐったすぐのところで左折を指示するかもしれません(おそらくほんの数メートルだけ左折したほうが近い)。左折すると、そこにはセンターラインも見えないような殺風景な(失礼!)道が広がります。



今度は右へ、そして北へ

信号のある十字路にやってきました。フェリーターミナルへはここを右折です。


ちなみに、左手奥に見えているのが、名港中央 IC のランプウェイですね。これは西から来た車が流出の際に使用する部分ですね。ついさっき通ったばかりの道です(この時は補修工事か何かをやっていたようです)。


信号の交叉点を右折すると「金城西橋」です。あっ、左手にフェリーが見えてきましたね!(わくわく)


そのまま真っすぐ 500 m ほど走ると、緩やかな左カーブの先に「← フェリーふ頭」の案内が見えてきます。名古屋港フェリーターミナルに到着です。



次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク