2015年12月16日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

太平洋フェリー「きそ」ロイヤルスイート乗船記(寝室編)

 


居室から寝室へ

居室の中央から、部屋の入口のドアのほうを振り返ると、ちょうど左側に寝室が見えます。



ゆったりツインベッド

寝室には、ゆったりサイズのツインベッドが並びます。壁面には間接照明っぽいインテリアもあったりして、なかなか洒落た感じです。


海外の高級ホテルにありがちな、ベッドが高すぎるといったこともありません。


枕元には読書灯が用意されています。時計はアラームとして使用できるものですね。ホテルのツインルームにあるものと同じく、部屋の明かりを枕元で操作できるようになっています。


ちょっとポイントが高いのが、コンセントがついていることですね。これで充電したまま寝ながらスマホもできてしまいます! ホテルだと意外とこの位置に電源が無いケースが多いんですよね。

ここは船内です

ベッドの奥にはカーテンが見えますが……


カーテンを開ければこの通り。ここが船内なのだなと再確認できる眺めですね。



明るいデスクと見やすいテレビ

寝室にはかなり大きなデスクも備え付けられています。光量も十分なので目にやさしいですね。

このデスクに PC を広げて、きょうの出来事(2015/1/21)を更新していたりしたんですよねぇ。


そして、ベッドに横になると、ちょうど見やすい位置にテレビがあります。


部屋にテレビが 2 台ある……と言えば、商船三井フェリー「さんふらわあ ふらの」のスイートもそうだった記憶があるのですが(2013/5/11 の記事参照)、レイアウトは間違いなくこの部屋のほうが洗練されていますね。そもそも部屋の広さがぜんぜん違うという話もあるのですが……。

快適すぎる空間

寝室から前方の居室を眺めるとこんな感じです。間にドアはありませんが、カーテンで仕切ることはできそうですね。


「太平洋フェリー『きそ』ロイヤルスイート乗船記」、過去の記事はこちらからどうぞ。
2015/12/10(はじめに)
2015/12/11(名古屋港 FT 編)
2015/12/12(乗船待ち編)
2015/12/13(ようやく乗船編)
2015/12/14(車両甲板から客室へ)
2015/12/15(居室編)

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事