2015年12月21日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

太平洋フェリー「きそ」ロイヤルスイート乗船記(船上のピアニスト編)

 


レストラン「タヒチ」で夕食を食べ終えたのが 19:50 頃のことでした。部屋に戻る途中で……


ラウンジショーの案内などを見てしまったのですね。ただ、少々疲れてもいましたし、人の多いところは基本的に苦手なものですから、ちょっと気になりながらも、「今日はやめておこうか」と思い、ちょいと散策した後に部屋に戻ることにしました。


で、部屋に戻ったわけですが……


部屋に戻ると、ピアノの音が微かに聞こえたような気がしました。もちろん防音はしっかりしているのですが、ホールとシアターラウンジの間のドアが開くと、どうしても多少は音が漏れてしまうのかもしれません。

月はピアノに誘われて

ウソのようなホントの話ですが、ピアノの音色につい誘われてしまい、気がつけば……


ラウンジ「サザンクロス」の中でピアノの演奏に聴き入っていました。いや、やっぱ生演奏っていいですよ(汗)。

ステージにあるピアノは、ご覧のように立派なグランドピアノです。


演奏される曲目は、クラシックから映画音楽まで硬軟取り混ぜた感じで、「クラシックはちょっと……」という人でも十分楽しめるようになっていました。また、黙々と演奏されるだけではなく、途中で……


演奏者ご本人による MC も入ったりします。その中でシアターラウンジの客入りの話になったのですが、座席数 162 席(図面から推測)のシアターで、この日ピアノを聞きに来ていたのは 30 名前後でした。随分と寂しいようにも思えますが、ピアニストさんの話によると実はこの日の船客自体が 70 名ほどだったとのことで、そう考えると上々の入りだったことになるんですよね。少し遅れてシアターにやってきたのですが、同じように少し遅れてやってきた方も何名もいらっしゃいました。


とかく時間を持て余しがちな船上での夜のひとときに、こうしてピアノの生演奏を愉しむことができたわけですが、これは……思った以上に(個人的に)グッと来ちゃいましたね。「なんかかったるいし、今日はやめとこうかな」と思っていた 1 時間前の自分は、とんでもない過ちをおかしていたのだなぁ、とも。やっぱピアノはいいですね。自分は全く弾けないんですけどね。

ちなみに、シアターラウンジでの夜の無料ライブは、ピアノの生演奏以外にも、ジャズバンドやエレクトーンや三味線など、色々なジャンルがあるみたいですね。2016年 1月 船内催事出演者予定表を見ると、だいたい 6 連勤でシフトが組まれる場合が多いようです。ピアニストの野々山さんは、来年も 1/20(水)~25(月) の間、僚船「いしかり」で演奏されるようです。

シアターラウンジ

そして、このシアターラウンジ「サザンクロス」ですが、どの辺が「ラウンジ」なのかと言うと……


各シートごとにグラスが置ける小さなテーブルがあるのですね。シアターの中では飲料類の販売はありませんから、事前に仕入れて持ち込むのがいいみたいです。


両脇にはオペラシート(で合ってましたっけ?)もあります。

「太平洋フェリー『きそ』ロイヤルスイート乗船記」、過去の記事はこちらからどうぞ。
2015/12/10(はじめに)
2015/12/11(名古屋港 FT 編)
2015/12/12(乗船待ち編)
2015/12/13(ようやく乗船編)
2015/12/14(車両甲板から客室へ)
2015/12/15(居室編)
2015/12/16(寝室編)
2015/12/17(バーカウンター編)
2015/12/18(おトイレ編)
2015/12/19(お夕食編)
2015/12/20(プロムナード編)

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事