2016年1月19日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

冬の北海道の旅 (11) 「想定外のトラップ」

 


日高町から、国道 274 号線を日勝峠に向かいます。沙流川とパンケウシャップ川の間に広がっていた平地も、段々と左右から山と川が迫ってきました。再び山の中に入ってきた感じですね。


……と思ったら、再び左右が少し開けてきました。この近くには自衛隊の分屯地があるみたいです。あ、これは N システムなので、車速を問わずもれなく記念撮影してくれますね。



想定外のトラップが

久しぶりに沙流川を渡ります。国道 274 号としては初めてですね。この後 12~3 回ほど沙流川を渡ることになるわけですが……(当社調べ)。橋の名前の「千呂露」は地名由来だと思いますが、確か意味が良くわからなかったんですよね……(汗)。


沙流川にかかる「千呂露橋」を渡ると、日高町千栄の集落です。この先はツイスティな山道が続くので、遅い車が車列を塞がないように、左側に「ゆずり車線」が用意されています。


……と思っていたら、なんと前方にとんでもないトラップが!


そう、本線の左側に「ゆずり車線」があるのに、右側には「右折車線」が無いのだとか。まぁ、右折車線を設けるほどの交通量が無いというのは十分に理解できるのですが、「ゆずり車線」横の本線というのはスイッチが入っちゃう人が多いだけに、そんなところに右折車が止まっていたら……ゾッとしませんか?


幸い、前方には右折車も左折車もいませんでした。そういや日高町の旧名は「右左府村」と言うんでしたね(本当にどうでもいい)。

右左府で沙流川を右左

前方にスノーシェッドが見えてきました。斜面はすっかり雪に覆われていますし、いかにも山あいという雰囲気になってきました。ちなみに「千呂露橋」を過ぎてから「大颱橋」「日栄橋」「岩瀬橋」「清瀬橋」で沙流川を渡っていますから……えーと、今は再び川の東側(河口を背にした場合は右側)ですね。


そして国道 274 号線で 6 回目の沙流川横断を決めて、そのままトンネルに向かいます。まだ辛うじて路面に積雪は無い状態です。雪解け水は間違いなくありますから、ブラックアイスになっていても不思議はない危険な状況であることには変わりないのですけどね。


トンネルを抜けると、すぐさま 7 度目の沙流川横断です。



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク