2016年2月2日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

冬の北海道の旅 (21) 「雪のぬかびら源泉郷」

 


国道 273 号で北に向かっています。前方に「黒石平覆道」が見えてきました。


ちょうど左側を国鉄士幌線が通っていました。下り列車が全列車通過だった「黒石平駅」はこのあたりにあったみたいです。

第三音更川橋梁

覆道を抜けた先に、またしても看板らしきものが見えますね。


国道 273 号は覆道を抜けた先で「元小屋ダム」のダム湖を越えるのですが、国鉄士幌線もほぼ国道と並んでダム湖を越えていました。ということで……


ダム湖(音更川)を越えていた橋梁が、今は観光資源になっていたのですね。糠平には何度も行っているのに、「第三音更川橋梁」はちゃんと見たことが無かったような……。

そしてダム湖の上にかかっている「泉翠橋」を渡るのですが……


うひょー。路面はほぼ真っ白になりました。橋の上は地熱が無いですから凍結しやすいんですよね。ということで、更に緊張の度合いを高めつつ橋上をゆきます。

雪のぬかびら源泉郷

糠平ダムのすぐ川下にある「糠平大橋」を渡り、トンネルをいくつか抜けると……


「ぬかびら源泉郷」に到着です。雪が降り積もる中、路上で工事に従事する方の姿も……。いやはや、本当に頭が下がりますね。もしかして水道工事とかでしょうか……?


そして、ここは「源泉郷」ですから、冬場であっても湯めぐりのお客様がいらっしゃるのですね(あとスキー場もありますよね)。他の季節と比べると段違いに交通量が少ないですが、くれぐれも車にはお気をつけて……。



温泉、スキー場、そして小学校

この先をまっすぐ行くと然別湖……ですが、それよりも「ぬかびら源泉郷スキー場」に向かう道路、と言ったほうが正確ですね。スキー場の先に「幌鹿峠」があって、峠を越えた先に然別湖があるのですが、さすがにこの季節は通行止めだったかも……。ということで、ここはもちろん右折して引き続き国道 273 号を北へと向かいます。もう目的地はバレたも同然ですかね。


「(273)三 国 峠」「路面凍結」「スリップ注意」の文字が並びます。そしてよーく見ると「通学路」の標識が……。実は、町立糠平小学校がすぐ右側にあるのです。


日が差し込まないせいか、随分と遅くなった印象がありますが、まだ 15 時を少し回ったあたりでした。……下校時間ですね。気をつけてドライブしないと……。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事